インターネット広告でブログを宣伝したらアクセスアップの驚愕結果! | 良いモノバンク

インターネット広告でブログを宣伝したらアクセスアップの驚愕結果!

この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

インターネット広告の種類や効果、広告の選び方についてちょっぴり真面目に分かりやすく説明するのだ。

imageインターネットは日常生活で欠かせないツールになった。電通では、2018年度の「インターネット広告費」が1兆7,589億円になったと発表。
インターネットで宣伝したい場合、インターネットの広告はどんな種類の広告があるのかを調べてみた。インターネット広告の種類や効果、広告の選び方について分かりやすく説明するのだ。

インターネット広告のメリットとターゲット層

インターネットでの広告のメリットを考えてみたところ、以下の3つが考えられるのだ。

猫ちゃん
猫ちゃん

インターネット広告ってなにー?

雫わんこ先生
雫わんこ先生

インターネットのwebサイトやmailを使って、

企業や個人が宣伝することだよ。

【1つ目のメリット】出稿費用が安くご自分で予算を決めて気軽に誰でも配信する事が出来る。

【2つ目のメリット】他の媒体広告と比べ、ターゲット層を絞り込み配信できる広告媒体である。そのため、ターゲット層の地域や性別、年齢、趣味趣向まで絞ることが出来、ターゲットの関心事や興味等に対してコンバージョン(WEBサイト目標の達成を指す指標)を獲得出来る様に出稿することが出来るのだ。

【3つ目のメリット】出稿したインターネット広告から辿って購入や会員等のサービスへの申し込みをすることが出来る。申し込みをどの様に広告から辿って来たか等の計測を出来るためリアルタイムにPDCAサイクルを用いて効率的に運用することもできるのだ。

リスティング広告のやさしい教科書。 ユーザーニーズと自社の強みを捉えて成果を最大化する運用メソッド

リスティング広告のやさしい教科書。 ユーザーニーズと自社の強みを捉えて成果を最大化する運用メソッド

広告を受け取る側のターゲット層は3種類に分けることが出来きるのだ。

広告を受け取る側はお客様になりえるターゲット層なのだ。適切な広告を適切なターゲット層にお届けするのが「基本のき」である。
猫ちゃん
猫ちゃん

ホームページに出てくる広告は

みんな同じじゃないの?

雫わんこ先生
雫わんこ先生

ホームページを見ている人の

属性に合わせて出てくるんだよ。

例えば、ケーキとかチョコとかばかり

ホームページで見ていると

ケーキやチョコ関連の広告が出る様になるよ。

猫ちゃん
猫ちゃん

この前、ネズミを食べたくて

ホームページで調べていたわ。

出てくる広告ネズミだらけ。

雫わんこ先生
雫わんこ先生

リ、リアルなお話ね…。

(1)顕在層…自分自身で解決できる課題があり、解決できる方法やサービス・商品のことを既に知っているターゲット層。
(2)潜在層…自分自身で解決できる課題あるけれど、まだ解決方法を探そうとはしていないターゲット層。
(3)低関心層…自社の商品やサービスを知らない、関心がないターゲット層。

これら3つのターゲット層を踏まえて、インターネット広告の目的(自社のサービス等の認知、売上アップ、会員獲得等)を考えてみることにする。

インターネット広告に対して見込みのありそうな場合は顕在層をターゲットにし、自社のサービス等の認知等してもらいたい場合は潜在層、低関心層をターゲットにしたインターネット広告を選ぶ事により費用対効果が上がるのだ。

図解入門ビジネス 最新ネット広告の基本と仕組みがすべてわかる本

図解入門ビジネス 最新ネット広告の基本と仕組みがすべてわかる本

インターネット広告の種類

インターネット広告は毎年新しい種類が出てきており2019年現在では、約40種類あると言われており、今回はインターネット広告の主要な2種類の「ディスプレイ広告」と「リスティング広告」についてメリットデメリットを交えご紹介するのだ。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトの右側や下部の広告枠に表示される広告。ディスプレイ広告はバナー広告以外に、テキスト広告も出稿することが出来るインターネット広告である。

猫ちゃん
猫ちゃん

広告は自由に表示させることができるのね。

雫わんこ先生
雫わんこ先生

そうだよ。でもインターネットの広告の

掲載サイトや広告の内容審査があるので

公序良俗に反するもの等詳しくチェックされるので

全て思い通りに掲載できる訳ではないんだよ。

ディスプレイ広告のターゲット層は潜在層へサービスや商品をアピールさせるのに向いている。バナー等をクリックすることでターゲットをを広告主が設定したWebサイトへと誘導させることが出来る。ディスプレイ広告には2つの主流のサービスがあり、Yahoo!ディスプレイアドネットワークの「YDN」とGoogleディスプレイネットワークの「GDN」の2つである。

「YDN」と「GDN」では、ほぼ同種類のサービスと機能があるので今回は「YDN」のサービスを紹介しよう。

基礎から学ぶWeb広告の成功法則 ~Web広告を成功に導く考え方から、明日使える運用テクニックまで~

基礎から学ぶWeb広告の成功法則 ~Web広告を成功に導く考え方から、明日使える運用テクニックまで~

ターゲティング機能

効果的に集客するためにはターゲティング機能を使うことが大事なのだ。
●サイトリターゲティング機能
一度サイトを訪れたユーザーに対して広告表示ができる(約30日程度以内に訪れたユーザー)
●サーチターゲティング機能
設定したキーワードを、過去に検索したことのあるユーザーに広告を配信するので、検索時のキーワードを元にして見込み顧客にアプローチできる
●性別・年齢・地域ターゲティング機能
性別・年齢・地域を設定して対象を絞り込むことができる
●デバイスターゲティング
設定したデバイスを利用している検索ユーザーに広告を表示できる(PCやタブレット、スマホにすべて配信も可能。OSや配信の選択も可能。)
●プレイスメントターゲティング機能
広告を配信したいサイト・配信対象外としたいサイトを指定することで広告の配信先を制御できる(広告を配信したい、または配信対象外としたいウェブページを指定)
ディスプレイ広告の費用は広告がクリックされた場合にのみ費用(クリック料金)が発生する「クリック課金制」の「PPC広告」というのだ。PPCとは「Pay Per Click」の略称で、「クリック課金制」広告である。
広告のご予算は自由に設定が可能で、設定した予算以上の金額は発生しない仕組みである。例えばあらかじめ入金したデポジットから課金額が引かれていく方式なので、例えば3万円のご予算をデポジットし1日千円で設定した場合、1日千円以上の広告費用は消化されず千円に達した時には、ディスプレイ広告は表示されなくなるのだ。また、最終日に端数として残った広告費を消化するのが一般的な設定になる。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードを自動的に分析し、その内容にマッチングした広告を配信が可能なインターネット広告である。リスティング広告を活用すれば、広告主に関連したキーワードを検索している、自社商品・サービスに興味や関心があると思われるターゲット層を集客することが出来るのだ。また、リスティング広告は、検索したキーワードに関する情報が欲しいので「今すぐ欲しているユーザー」の獲得に効果的なインターネット広告である。

猫ちゃん
猫ちゃん

Yahoo!やGoogleで検索すると

検索ページに出てくる広告ね。

雫わんこ先生
雫わんこ先生

リスティング広告には「検索連動型広告」と

「コンテンツ連動型」があるんだよ。

ディスプレイ広告と同様、広告がクリックされた場合のみ費用が発生する「クリック課金型」である。広告が表示されても、クリックされなければ料金は発生しないのだ。

国内のリスティング広告では主流の2つのサービス「Yahoo!スポンサードサーチ」と「Google広告」がある。広告が掲載される場所は、どちらも検索結果ページの最上部と下部である。ターゲット層が商品やサービスを検索しているその瞬間に、広告を表示してアピールすることが出来きる。広告主が登録したキーワードと、ユーザー検索したキーワードが合致すると、広告を表示される仕組みである。リスティング広告の利用期間の制限は無いので、決まった期間の掲載を休止すること等も出来るし、出稿期間を調整することが可能なのだ。

「Yahoo!スポンサードサーチ」

国内No.1のページビューで、国内の検索エンジンの約60%にもなるのだ。
掲載サイト: Yahoo! JAPAN、、All About 、Live Search、日経ネット、フレッシュアイ、Excite等

「Google広告」

利用者数は世界NO.1です。Googleをはじめとした検索エンジンの検索結果ページに表示される。国内の検索エンジンの約30%を占めるのだ。
掲載サイト: Google、@nifty、BIGLOBE、goo、ライブドア等

予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド〈リスティング広告・バナー広告・Facebook広告・Twitter広告・ネイティブ広告・アフィリエイト広告等のポイントがもれなくわかる〉

予算が見える・効果が上がる ネット広告徹底活用ガイド〈リスティング広告・バナー広告・Facebook広告・Twitter広告・ネイティブ広告・アフィリエイト広告等のポイントがもれなくわかる〉

スマートフォン、タブレット、パソコンどのデバイスに配信するか

いつのまにか世の中はスマホ主流になってしまった。一般的にホームページ閲覧者の75%はスマートフォンを利用しているそうなのだ。広告業界的に考えるとよほど、特殊な場合を除いて、スマートフォン抜きの広告配信は考えられない。

猫ちゃん
猫ちゃん

私のスマホは、ニャンドロイドよ。

雫わんこ先生
雫わんこ先生

はいはい…。

クリック率はスマートフォンの方が多いのだが、コンバージョン率はパソコンの方が良いのが一般的だ。なぜなら、外出時スマートフォンで検索して家に帰ってからパソコンで検索し直して詳細を確認するからである。
出稿時はクリック単価を同じ金額からスタートすると良いだろう。ディスプレイ広告を初めて出稿する際は、複数のバナー広告またはテキストで出稿しよう。実は、一か月後の広告の見直し等行う為なのだ。(クリック課金制ですので複数出稿しても安心。)見直しの際に複数の広告を出稿していないと効果比較測定が出来ないので、複数の出稿をお薦めである。
例えば、出稿したディスプレイ広告は、どのデバイスからのコンバージョン率が高いかを判断し、広告バナーの内容やテキストの内容を考慮し直し、その広告の中で効率の良い広告はそのまま残し今後も育てて行くのだ。効率の悪い広告はキャッチコピーや画像、デザイン等をもう一度見直す。また、クリック率もデバイスによっては差が出てくる頃なのでクリック単価の見直しも同時に行うのだ。
そしてまた1か月後にディスプレイ広告をPDCAサイクルを用いて確認しなくてはならない。植木鉢のお花を育てる様に、水をや肥料をやり、いらない葉は剪定してあげなくては大きく育たないのと一緒である。手間がかかるが、長く携わっていくと可愛い花が満開になるのだ。
ディスプレイ広告やリスティング広告は広告主が画像イメージや文言を決めることが出来るので、広告予算が少なくても、広告内容(文言等)の工夫次第でコンバージョン率を上げることが出来るので試してみると良い。

改訂2版 ネット広告ハンドブック

改訂2版 ネット広告ハンドブック

具体的な広告費例

インターネット広告は、個人の場合自分でも気軽に申し込める広告であるが、法人の場合は手間暇考えると広告代理店にお願いするのが良いだろう。

猫ちゃん
猫ちゃん

私のブログを宣伝するわ。

雫わんこ先生
雫わんこ先生

手間はかかるけど、

余計な広告代理店の手数料が発生しないので

自分で頑張って設定してみてね。

下記参考価格は、広告代理店にインターネット広告をお願いした際の参考価格である。広告代理店によっては手数料の設定がバラバラなので、出稿を広告代理店に依頼する前にきちんと確認しないと高額なものになる場合があるので気を付けよう。有料のレポートの提出の際、レポートの見方なども広告代理店の担当者に確認しよう。

ディスプレー広告YDN

■参考価格
広告代理店初期費用/広告費用30万円迄一律100,000円(税別)、30万円以上広告費の20%
仕様内容:
バナー広告/レスポンシブ広告2種類(1200×628、300×300)×3種類
テキスト広告/5種類
クリック単価:200円前後から
※広告費用(Yahoo!,Googleへの広告費の支払い)は10,000円から。
※アクセス解析レポートは出稿価格の20%。

Yahoo!スポンサードサーチ

■参考価格
広告代理店初期費用/広告費用30万円迄一律100,000円(税別)、30万円以上広告費の20%
仕様内容:
キーワード10個(1ヶ月配信設定場合)
キーワード単価:50円前後から(キーワード複数組み合わせ)
※広告費用(Yahoo!,Googleへの広告費の支払い)は10,000円から。
※アクセス解析レポートは出稿価格の20%。

どちらも掲載期間は3ヶ月間を1クオーターとして目安に1年間に4回PDCAサイクルで見直しをすると良いのである。(もちろん毎月の見直しも大事なのだ。)

いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 通販ブログへ
にほんブログ村


Windowsランキング

パソコン

コメント

タイトルとURLをコピーしました